Cape Hedo Dome diving okinawa 辺戸岬ファンダイビング 3dive

ダイナミックな地形ポイント


沖縄本島最北端にあります辺戸岬。

ダイナミックな崖が続く海辺の沖合いは、水中も迫力のあるドロップオフやそびえ立つ大きな根があり、潮流に乗ってドリフトダイビングのスタイルで潜ります。透明度が良く、魚の群れや大物も期待しながらのダイビングです。

また、かつては陸上にあった鍾乳洞が海中に沈んだ場所があり、その中に入っていくと浮上し水面に顔を出せるエアドームになっています。

ドームに潜るには鍾乳石を傷つけないよう、また沈殿物を巻き上げないよう、浮力コントロールのスキルが必要ですので中級者~上級者向けのポイントです。

Cape Hedo, located on the northernmost tip of Okinawa main island is well-known for being a spot where limestone caves more than 10,000 years old can be seen. Shining your torch through the dark cave around 15 meters under water, you will see plentiful limestones. At the end of the cave is an air dome where you can enjoy the sight of the limestone cave. This is one unique diving spot with dynamic underseascape you can’t find anywhere else.

お得な2泊3日or1泊2日のセットプランもあります。興味あるかたは⇒【こちら】から

辺戸岬ダイビング 辺戸岬ドーム

【辺戸岬ドーム】

辺戸岬を代表するドームポイントです。

辺戸岬ドームは、水深15mの入口から真っ暗なケーブを通り抜けた後、金色のエアドームに浮上することができます。この空間は、壁全てが美しい色で飾られた不思議な世界でここだけで発見された目の見えないコオロギも時々見ることができます。水中にも鍾乳石があり、とても神秘的です。2万年前に形成された太古の神秘を見にいきませんか?

 

辺戸岬ダイビング 二神岩

【二神岩】

名前の通り二つの大きな岩がそびえ立つ二神岩。激流を中、岩陰に身をよせると、キンギョハナダイやカスミチョウなど周りの魚達が必死に泳いでいます。潮流れが良いのでイソマグロ、ウミガメ、ナポレオンやネムリブカといった大物が見られる場合があります。思い切って岩陰から飛び出して流れに身を任せてドリフトも楽しいです。オールブルーの世界を飛ぶように楽しむ事ができます。

 

辺戸岬ダイビング 辺戸岬キャニオン

【辺戸岬キャニオン】

沖縄本島最北端の辺戸岬には、最大のビックポイントと言われる「辺戸岬キャニオン」と名付けられたポイントがあります。「海底にあるグランドキャニオン」を想像させる80mの青い壁が水面上にまで突き出しています。

潮の流れの強いのでドリフトダイブが主流海底探検のように広範囲をもぐるドリフトは、潮の流れが強く上級者ダイバーが楽しめる海と言えます。透明度の高い海中にはイソマグロやカツオが回遊し、根の周囲にはナポレオンフィッシュやウミガメを見ることができます。

 

辺戸岬ダイビング 茅打バンタ下 アケボノハゼ

【茅打バンタ下】

沖縄本島最北端の辺戸岬の周辺にある茅打バンタは有名な見晴らしの良い観光スポットで切り立つ断崖絶壁の崖があり、その断崖の下にはきれいな海が広がっていて、海中も茅打バンタ同様に急に斜面が落ちるドロップオフの切り立った崖となっています。初心者にはプレッシャーを感じる地形ですが、流れのない時期だと安心してもぐることはできます。風や流れが強い時期には中級者以上が楽しめるポイントとなります。最大水深は40mで20m以深からスミレナガハナダイなどを見ることができます。他にもハナダイやナポレオンフィッシュ、海ガメなどにも遭遇する可能性があります。

特に北に向かう壁は流が強いので魚影も濃く、深場ではアケボノハゼやスジクロユリハゼなどを見ることができます。 


【参加料金】 

詳しくは>PRICE/料金表をご覧ください。

 

【参加条件】

ライセンスはアドバンスダイバー以上の方

 

【料金に含まれるもの】

ガイド代、器材レンタル代、タンク代、ウェイト代、ソフトドリンク代、送迎代、希望があればコース開催期間中、学習やコミュニケーションを目的とした休憩施設の無料提供サービス→詳細ページ

 

【持ち物】

水着、着替え、タオル、サンダル、昼食

 

【注意事項】

※ボートに乗船して移動となります。船酔いが心配な方は酔い止め薬をダイビング前日の夜に一錠、当時の朝に一錠飲んで頂くと大丈夫かと思います。

※お昼ご飯はゲスト様でご用意をおねがいします。夏はクーラーボックスなどご用意します。冬は寒いのでお湯をご用意しますので体の温まる食べ物をご用意すると良いかとおもいます。

※沖縄最北端にあるダイビングポイントになるため、早朝集合になります。

※ダイビング前日は飲酒を控え、十分な睡眠時間を確保してください。

※辺戸岬ドームに潜る際には、鍾乳石を傷つけないようにご注意ください。

 


辺戸岬周辺オススメ観光&グルメ情報

【辺戸岬】

沖縄本島の最北端に位置する岬です。遠くに島がみえるのですが鹿児島県の与論島になります。絶景です。

 

【宇佐浜ビーチ】

自然溢れる海岸。貝殻やシーグラスなどたくさん落ちています。

 

【猪豚料理専門店 わぁ~家~】

沖縄原産のイノシシを使った地元の食堂。オススメはいまにもどんぶりから具材が落ちそうな野菜猪豚そば。お腹いっぱいになります。

 

もしかしたらヤンバルクイナがみれるかも。仮にいたとしても遠くからそっと見守りましょう!

【大石林山】

亜熱帯のジャングルを気軽に楽しめるいい施設です。

 

【茅打ちバンタ】

ヤンバルの豊かな自然を望めます。静かでいい場所です。夜にはスターツアーなどの星を見るスポットでもあります。

 

【やんばる野生生物保護センター】

やんばるの森に生息する動物や昆虫などを展示している無料の施設です。

【猪豚汁定食】ゆいゆい国頭に隣接されている施設のサーター屋で食べれるここにしかないメニューです。

【ヤンバルクイナ展望台】

その名の通りヤンバルクイナの形をした展望台です。ヤンバルクイナの中に入り階段を登っていくと山と海の絶景がみれます。

 

【道の駅ゆいゆい国頭】

沖縄最北端に位置する道の駅です。地元のお土産などあります。最近では新しい施設も出来てそこでたべる山原猪豚汁がオススメです。

 

【ター滝】

それ程深くない水辺を、リバートレッキングしながら滝に向かいます。マイナスイオンがありふれていますよ~。