PADIダイブマスター コース(DM)  PADI Divemaster Course

プロの入り口


【ダイブマスターとは】

ダイブマスターとはプロになるための最初の入り口です。 ダイビングの知識とスキルのレベルを高め、プロとはなにかを学んでいきます。コース修了後はダイビングの現場でさまざまな経験をしながら活躍の場が広がるでしょう!

 

ダイブマスターになったらなにが出来るの?

 

【ダイブマスターコース参加条件】

・PADIアドバンスオープンウォーターダイバー、またはそれに相当する資格を有していること。

・PADIレスキューダイバーまたはそれに相当する資格を有すること。

・過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケアトレーニングまたはそれに準ずるものを修了していること。

・ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)→診断書ダウンロード

・ログブックに最小限40回のダイブが完了していること

・18歳以上であること

 

【日程と料金】

料金表をご覧ください。(最短7日間コース)

※お時間が取れない方は日程を分けて参加できます。

 

 【料金に含まれるもの】

講習代・教材代・申請代・初年度年会費・ボート乗船代(1日分)教材配送料金・トレーニングダイブ代

学習やコミュニケーションを目的とした休憩施設の無料提供サービス→詳細ページ

 

 【持ち物】

すべてのライセンスカード(EFRも含む)・水着・タオル・着換え・サンダル・証明写真2枚(3cm×4cm)・昼食代・医師の署名入り診断書

 

 【認定条件】

・2年以内にEFRの1次ケア&2次ケアが修了していること

・以下のダイブ経験と60本以上のログ記録があること。

・ディープダイビング

・アンダーウォーターナビゲーション

・ナイトダイビング

※ダイブ本数が足らない方にトレーニングダイブをサービスとしてさせていただきます。

→【トレーニングダイブとは?】

 

【お申し込みから講習当日まで】

・ご予約確定後、ショップより教材を指定されたご住所に配送します。

・教材が届きましたら、テキストとDVDを見ながら事前の学習をしてください。

・書類も同封しますのでご記入して当日ご持参ください。

・講習日が近くなりましたらお電話にて、お迎えのお時間など、詳細をご連絡いたします。

※教材費は先払いで60000円を指定銀行に振り込みをしていただいております。振込確認後、教材を配送しております。

 

【ダイブマスターのスケジュール】

※天候などの理由で多少変更する場合があります。

 

◆1日目(ビーチ講習)

・コースオリエンテーション

・学科講習→ファイナルエグザム

・24スキル評価 ⇒ 24スキルとは?

・レスキュー評価

・15分立ち泳ぎ(スタミナ評価)

・器材の片付け

 

◆2日目(ビーチ講習)

・ダイビングポイントでのセットアップと管理

・スキンダイバーコースとスノーケリングの監督

・OWDコース 限定水域アシスト

・OWDコース 海洋実習アシスト

・機材洗い

・継続教育、学科講習のアシスト

 

◆3日目(ビーチ講習)

・体験ダイビング(限定水域)

・体験ダイビング(海洋実習)

・ディスカバーローカルダイビング

・バディブリージング(水中機材交換)

 

◆4日目(ビーチ講習)

・400m水泳(スタミナ評価)

・800mシュノーケル(スタミナ評価)

・100m疲労ダイバー曳行

・24スキル補修

 

◆5日目(ボート講習)

・ディープダイブのシナリオ

・水中地図の作成

・ファンダイブのアシスト

 

◆6日目(ビーチ講習)

・リ・アクティベイトプログラム(リフレッシュダイブ

・サーチ&リカバリーのシナリオ

・レスキュー評価補修

24スキル補修

・ダイブマスター認定手続き

 

◆7日目

予備日