PADIレスキューダイバーコース

PADI Rescue Diver Course

大自然を相手に遊ぶダイビングでは、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。ほんのささいなことがきっかけで大きなトラブルにつながるケースが多いのです。たとえば、水面で水を飲んで慌ててしまったり、エントリー時や水中移動時にスクーバ器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったり。落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって、一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。

こうしたトラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキューダイバーコースです。実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など、現実に役立つ知識をトータルに学びます。

このコースを受講することにより、安全意識、他のダイバーを気遣う意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができるでしょう。すべてのダイバーに受講していただきたいコースです。

 

【講習を修了すると】

・ トラブルを未然に防ぐ能力が身につきます

・ 緊急時の応急処置ができます

・ 自分自身の安全性が高まります

・他のダイバーを気遣う意識が高まります

・ 負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます

・水中捜索方法がマスターできます

・さらにダイビングの経験を積むので周りがよく見えるようになり、トラブル察知能力が身につく

 

・ バディが不安そうならケアすることができる


 

 【PADI レスキューダイバーコースのスケジュール】

 

ご予約確定後、教材を発送します。

レスキューの教材にはトラブル対応・トラブル回避・安全管理など、とても大切な内容が記載されております。各問題を当時までにやってきてください。

※教材費は先払いで5500円を指定銀行に振り込みをしていただいております。振込確認後、教材を配送しております。

 

【講習1日目】

宿泊先のホテルにお迎えに参ります。

(講習ポイントに現地集合も可能)

講習場所に到着後、事前学習していただいた教材の見直しを一緒にいたします。なにか疑問点があればどんどん質問してください。

器材のセッティング、本日行う講習内容の説明をしながらいざ講習へ!

レスキュー講習は何をするの?

海の講習終了後は学科試験を行います。

※EFR終了がレスキューの受講条件なので、ERF取得がまだの方は、EFRを行います。

なお、EFRレスキューの料金に含まれておりません。別途+15000円かかります。

 

【講習2日目】

講習2日目はボートになります。基本慶良間諸島行きにはなりますがリクエストがあればお答えします。

ダイビングポイントに移動。講習スタート。

・講習終了後、RED認定となります。お疲れ様でした!


講習料金 

料金表をご覧ください。

 ※レスキューとのセット割があります。レスキュー講習+EFR講習で通常料金55000円→52500円になります。

【料金に含まれるもの】

講習料、教材費、ライセンス申請料・機材レンタル代・タンク代・ウエイト代・教材の配達送料・宿泊先送迎

学習やコミュニケーションを目的とした休憩施設の無料提供サービス→詳細ページ

 

【参加条件】

・15歳以上

・PADIアドベンチャーダイバー以上、または同等の他団体Cカード取得者

(アドベンチャーダイバーはナビゲーションを修了していなければならない)

・過去24か月以内にEFRの一次および二次ケアのトレーニングを受けている(医師・看護師・歯科医師は免除されます)

 

【リクエストオプション】

※講習2日目の慶良間諸島などのボート講習希望の方は乗船代 +6500円

※講習終了後の追加ダイブ希望の方は+5500円

 

【注意事項】

EFR取得がまだの方は、EFRの講習もします。EFRはレスキューの料金に含まれておりません。別途+15000円かかります。

EFRコース】について

 

【持ち物】

 

カード、ログブック、水着、着替え、タオル、サンダル、教材、ライセンス申請用の証明写真2枚【たて4.0cmよこ3.0cm】